タイムシェアリゾート 購入までの流れ

タイムシェアリゾート 購入までの流れ

購入までの流れ

①説明会への申込

資料請求を行った後、または直接リゾート各社の説明会に参加してタイムシェアプログラムの説明、タイムシェアリゾートの概要や楽しみ方、などについて案内を受ける必要があります。

国内で参加できる説明会や、見学できるショールーム

ヒルトン・グランド・バケーションズ(Hilton Grand Vacations)
https://www.hgvc.co.jp/seminar3/japan.php
常設会場:東京(日比谷 新宿) 大阪 名古屋 横浜 福岡
特別開催地:札幌 浦安 その他(個別訪問)

ディズニー・バケーション・クラブ(Disney Vacation club)
http://www.disney.co.jp/park/dvc/showroom.html
設置場所:舞浜

②説明会への参加

説明会、ショールームでは専任の担当者が付き、タイムシェアプログラムやタイムシェアリゾートの詳細な説明の他、タイムシェアリゾートの活用方法、収入やライフスタイルに併せたプラン、具体的な価格、諸経費、購入方法などについて説明がなされます。

・体験宿泊(体験宿泊付き販売説明会)プランの活用について

やはり実際に宿泊してみてタイムシェアリゾートのメリットを体験してみたい、という人向けに多くのタイムシェアリゾート販売元で体験宿泊プランが用意されています。
現地での販売説明会に参加する必要がありますが、通常の宿泊よりも割安な価格での滞在が可能になっています。

ヒルトン・グランド・バケーションズ(Hilton Grand Vacations)
http://www.hgvc.co.jp/inspection/

クラブ・ウィンダム(Club Windom)
https://www.access-jp.jp/wyndham-vacation-resorts/

マリオット・バケーション・クラブ(Marriot Vacation Club)
https://www.marriottvacationclub.co.jp/stay/

③契約

説明会でのプラン説明を聞いた後は、その場でも契約をする事ができます。
契約の場合には、おおよそ購入金額の10%程度を頭金としてクレジットカードで支払う必要があります。

尚、契約の際の注意点としては、購入するのはハワイ(米国)の不動産なので、
契約書は基本的に英語表記となります。勿論、専任スタッフによる説明がありますが、
不明点は遠慮なく、納得するまで確認した方が良いでしょう。

④支払い

支払い済みの頭金を除いた残金については、後日の支払いとなります。殆どの場合、
一括振り込みの他に、クレジットカード支払い、ローンプログラムなどが用意されており、
自分に合った支払い方法を選択する事ができます。

⑤必要書類の提出

タイムシェアリゾートの契約をするという事は、ハワイの不動産購入を意味します。
物件のあるハワイで不動産登記の必要があり、タイムシェアリゾート販売元に代理手続きを委任する為に、印鑑証明を提出する必要があります。
(ハワイ現地で契約する場合はサインのみでOKです)

尚、法人契約の場合は、別途英訳された会社の登記簿、取締役会議事録、などが必要となります。

⑥メンバーカードの送付

上記一式の手続きが完了すると、手元にメンバー用のカードが送付されます。
このカードの番号を使う、或いは提示をする事で、タイムシェア・リゾートのオーナーとして
契約したサービスを利用する事ができます。

PAGE TOP