タイムシェアとは?【情報まとめ】

タイムシェアとは?【情報まとめ】

タイムシェアとは

タイムシェアとは

タイムシェアとは近年できた新しいリゾートライフの過ごし方/買い方の概念です。
非常にシンプルな仕組みで「リゾートマンションやホテルを所有する際に、過ごす期間のみの経費を負担するシステム」です。

 

従来なら別荘やコンドミニアムを所有するとき、年に1週間のみの滞在でも全ての費用を負担する必要がありましたが、タイムシェアは複数オーナーでホテルやリゾートマンションを所有するため「過ごす期間のみの購入」という形をとることができます。
有名ホテルが運営しており、一流ホテルと同じような環境にあるので不在時でも清潔なまま、維持管理の手配や面倒な税金手続きなどがないことも特徴です。

 

タイムシェアの仕組み

1 1年に1週間からの所有権利を手に入れられる
タイムシェアのシステムは1年間52週のうち1週間を複数オーナーで共同保有するというものです。
金額も安くて200〜400万円程度で購入可能で、初期投資が安いままリゾート地に不動産を所有できるという点が好まれています。

2 相続・贈与の対象になる
タイムシェアは通常の不動産と同様に土地、建物をハワイ州に登記し権利書が発行され、永代所有として扱われます。
相続や譲渡のほか、法人所有なども可能で親族内での所有として代々扱うことが出来ます。

3 ニーズに合わせた購入方法ができる

タイムシェアには「固定週」と「浮動週」の2パターンがあります。
「固定週」方式の場合は毎年同じ週を指定して利用可能です。
したがって、毎年決まった時期に休みが取れる方やGWや年末年始など人気のシーズンに部屋を確保したい方に好まれます。
「浮動週」で購入される場合は都度予約を入れて指定する方法です。

 

タイムシェアブームが来る!

タイムシェアはヨーロッパのスキーリゾートで生まれたシステムですが、その後アメリカに渡りホテル産業の大手企業が目をつけたことで1980年から徐々に広まりつつあります。有名どころではマリオットやヒルトン、ウィンダムなどで、現在のアメリカでは一般的なリゾート所有システムとして親しまれています。

 

日本人の私たちとしては、ハワイが最も有名なタイムシェアリゾート地と言えるでしょう。
日本から最短7時間程度で行ける身近なハワイにはタイムシェアのサービスが盛んで、日本人のオーナーも数多くいます。
現在はヒルトンが最も人気なようですがそれぞれのサービスにより条件が違うので当サイトの情報を見て比較してみると良いでしょう。

タイムシェアの評判や知名度はここ5年で日本でもうなぎ登りに伸びているので日本でも一般的なシステムになること間違いなしです。

PAGE TOP